無限可積分系メーリングリスト

Documents of past years : 2016 |
2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 |
2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1999 | 1998 | 1997 | 1996

差出人: Takashi Takebe 件名: [MugenML 590] Workshop on Classical and Quantum Integrable Systems 日付: 2017年3月22日 15:27:37 JST 皆様、 国際共同原子核研究所 Bogoliubov 理論物理学ラボラトリー(ロシア、Dubna)にて Workshop on Classical and Quantum Integrable Systems(CQIS-2017) が2017年7月24日〜29日に開かれます。詳しくは https://sites.google.com/view/cqis2017/ をご覧下さい。(左上隅の「CQIS2017」の文字の左の縞模様をクリックすると メニューが出ます。) 以上。
件名: [MugenML 589] Reminder: On Algebraic Lie Theory and Representation Theory 2017 のご案内 日付: 2017年3月22日 10:35:49 JST 無限可積分系メーリングリストの皆様 東京工業大学の 内藤 聡 です。 Algebraic Lie Theory and Representation Theory 2017 について、 アナウンスさせて頂きます。 この研究集会は、2014 年度 まで「代数群と量子群の表現論研究集会 (RAQ)」として 運営されてきたものを、研究対象を広げる意味で 2015 年度からタイトルを変えて 開催しています。今年度 (2017 年度) が第 3 回となります。 今年度の開催予定は以下の通りです。 日時: 2017 年 6 月 10 日 (土) 〜 6 月 13 日 (火) 場所: 帝人アカデミー富士 〒410-1105 静岡県裾野市下和田 656 Tel: 055-997-0111/Fax: 055-997-0114 ホームページ: teijin-academy.jp 今年度は、入谷 寛氏 (京都大学)、加藤 周氏 (京都大学)、疋田 辰之氏 (京大・数理研) に概説講演をお願いしました。 つきましては、3 月末を締切として、一般講演を募集致します。講演を申し込まれる方は 下記ウェブページの講演申し込みフォームをご利用下さい。また、他薦の場合は、 下記の内藤のメールアドレスまで直接お知らせ下さい。 なお、ポスター・セッションとして、大学院生によるポスター発表も予定しています。 こちらは、6 月 12 日 (月) の夜の予定です。もちろん、大学院生による一般講演も 歓迎致します。 研究集会のウェブページ http://www.math.tsukuba.ac.jp/~sagaki/altret2017.html 問い合わせ先: 内藤 聡 naito あっと math.titech.ac.jp 参加者募集のご案内や、決定した講演者等の情報は、上記ウェブページと メーリング・リストを通じて後日アナウンスさせて頂きます。 ■なお、宿泊施設へのアクセスについては、帝人アカデミーの上記ホームページ (上記のウェブページからもリンクされています) を御覧下さい。また、 JR 三島駅と帝人アカデミーとの間の送迎バスについては、現在検討中です。 どうぞよろしくお願い致します。 世話人: 内藤 聡 (東京工業大学)・池田 岳 (岡山理科大学); 協力: 佐垣 大輔 (筑波大学) ---------------------------------------------------------------- 東京工業大学理工学研究科数学専攻 内藤 聡
件名: [MugenML 588] MS seminar at Kavli IPMU -- Ben Davison (U of Glasgow) -- Apr 10, 2017 日付: 2017年3月22日 9:35:00 JST Dear all, I would like to announce the following Mathematics and String theory seminar at Kavli IPMU: Speaker: Ben Davison (U of Glasgow) Date: Mon, Apr 10, 2017, 13:15 - 14:45 Place: Seminar Room A Title: Cohomological BPS invariants, vanishing cycles and Kac-Moody Lie algebras. Abstract: The theory of Donaldson-Thomas invariants associates to a quiver Q with potential W a partition function recording the weight polynomials of the cohomology of moduli stacks of representations built out of the Jacobi algebra associated to Q and W. This theory is a local model for the category of coherent sheaves on a Calabi-Yau 3-fold. While the partition function looks wildly infinite, after taking plethystic logarithms and multiplying by (1-q) it becomes a power series with polynomial coefficients - the so-called refined DT invariants. I will explain how to lift these invariants from polynomials to mixed Hodge structures, via categorification, and how this allows us to define a natural Lie algebra associated to an arbitrary quiver, extending the Kac-Moody Lie algebra of the quiver, that conjecturally is the geometric Yangian defined by Maulik and Okounkov. ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
Subject: [MugenML 587] 関西学院大学 契約助手の公募 Date: Mon, 13 Mar 2017 16:51:50 +0900 無限可積分系メーリングリストの皆様 関西学院大学の前田です. 現在,関西学院大学理工学部数理科学科では契約助手を公募しておりますので, お知らせいたします.詳細は JREC-IN のページをご覧下さい. https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?id=D117030489 -- 前田一貴 (MAEDA Kazuki)
Subject: [MugenML 586] Spring school on representation theory (schedule change) Date: Mon, 13 Mar 2017 16:28:47 +0900 皆さま 現在開催中のSpring Schoolですが、不測の事情によりスケジュールが変更になりました。 中途からご参加を予定されている方はご確認頂けると幸いです。 よろしくお願いいたします。 斉藤義久、加藤周 プログラム
Subject: [MugenML 585] Workshop on Mathematics and Superstring Theory -- Mar 21-23, 2017 Date: Fri, 10 Mar 2017 22:50:43 +0900 Dear all, I would like to announce the following workshop at Kavli IPMU Title: Mathematics and Superstring Theory -- Unlocking the Mysteries of the Accelerating Universe through Superstring Theory and Astrophysical Observations Date: Mar 21, 2017 - Mar 23, 2017, Place: Seminar room B (1F), Kavli IPMU URL: http://research.ipmu.jp/seminar/?conference_id=145 Speakers: Atsushi Kanazawa (Kyoto U) Georg Oberdieck (MIT) Yinbang Lin (Tsinghua U) Kyoung-Seog Lee (IBS Center for Geometry and Physics) Akishi Ikeda (Kavli IPMU) Mauricio Romo (IAS) Nezhla Aghaee (U Bern) Ivan Ip (Kyoto U) Shamil Shakirov (Harvard U) Pietro Longhi (Uppsala U) Bruno Le Floch (Princeton U) Zheng Hua (U Hong Kong) Dongmin Gang (Kavli IPMU) Taizan Watari (Kavli IPMU) Organizers: Yukinobu Toda (Kavli IPMU), Masahito Yamazaki (Kavli IPMU) ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
Subject: [MugenML 584] KOUBO Date: Wed, 8 Mar 2017 13:00:32 +0900 無限可積分系の方々へ公募のお知らせです. 山田裕史(熊本大学) ================================== 公募(熊本大学 准教授)卓越研究員事業 ================================== 熊本大学先端科学研究部(理学部)では 教員の公募を行っております. 所属:大学院先端科学研究部(理学部) 研究分野の内容:数学(分野は問わない) 職種:准教授(常勤,任期なし) 事前連絡締切:平成29年5月8日 着任時期:文部科学省における卓越研究員の決定後なるべく早い時期 このポストは卓越研究員事業の提示ポストです. 卓越研究員に応募し,その候補者として採択されることが必要となります. また事前連絡が必要となります. 事前連絡先:090−342−3331(数学事務室) または yamada あっと sci.kumamoto-u.ac.jp (山田裕史 2017年度講座主任) 関係各位にご周知いただくと共に, 適任者をご存知の場合は, 応募をお勧めくださいますようお願い申し上げます. 詳しくは jrec-in をご覧下さい. https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=0&id=D117020129&ln_jor=0 山田裕史 (2017年度講座主任,熊本大学)
Subject: [MugenML 583] 公募(大阪市立大学 講師)卓越研究員事業 Date: Wed, 8 Mar 2017 08:49:44 +0900 無限可積分系メーリングリストの皆様、 大阪市立大学で以下の教員の公募がありますので お知らせいたします。 尾角正人 ================================== 公募(大阪市立大学 講師)卓越研究員事業 ================================== 大阪市立大学理学研究科数学教室では 下記URLにある要領で教員の公募を行っております。 所属:理学研究院・理学研究科・数物系専攻 数理解析学講座 研究分野の内容:代数学、幾何学、解析学基礎、数学解析のいずれか 職種:講師1名 締切:平成29年5月10日必着 備考:このポストは卓越研究員事業の提示ポストです。 卓越研究員に応募し、その候補者として採択されることが必要となります。 関係各位にご周知いただくと共に、 適任者をご存知の場合は、 応募をお勧めくださいますようにお願い申し上げます。 鎌田聖一 大阪市立大学大学院理学研究科 数学科主任 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 募集要項 http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/math/Introduction/leader.html 参考 <日本学術振興会 卓越研究員事業HP> https://www.jsps.go.jp/j-le/index.html <公開ポスト一覧> https://www.jsps.go.jp/j-le/post_list.html %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
Subject: [MugenML 582] Spring school on representation theory (2nd announcement) Date: Sat, 4 Mar 2017 13:04:04 +0900 皆さま 表記のSpring Schoolのプログラムが決まりましたのでお伝えさせていただきます。 なお、水曜日に懇親会を18:30から渋谷(寿司酒場・おもてなし)で予定しております。 参加費用は一人当たり7000円を予定しています。予約の都合上参加を予定されている 方は3/9迄に加藤(syuchan あっと math.kyoto-u.ac)までご一報いただけると幸いです。 よろしくお願いいたします。 加藤周
Subject: [MugenML 581] Postdoc position at La Trobe Date: Fri, 3 Mar 2017 11:54:29 +0900 皆様: オーストラリアのラ・トローブ大学でポスドク募集のアナウンスが ありましたので,転送致します. %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% POSTDOCTORAL POSITION IN MELBOURNE (re-advertised) A postdoctoral position in DISCRETE INTEGRABLE SYSTEMS is available at La Trobe University (Melbourne, Australia), in the group of Reinout Quispel. The project concerns integrable maps, integrable partial difference equations, and the relations between them, and is funded by the Australian Research Council. Candidates should have a currently completed PhD in a relevant related field. The initial appointment is for one year, with possible renewal (subject to the availability of funds). Interested candidates should send a CV to the address below, including a list of publications, and contact details for at least three academic referees. Starting date: as soon as possible. Please send all correspondence to: r.quispel _AT_ latrobe.edu.au. For more information, please also contact the above address. %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 梶原 健司
Subject: [MugenML 580] Obituary: Prof. L. D. Faddeev passed away. Date: Mon, 27 Feb 2017 18:35:28 +0900 無限可積分系メーリングリストの皆様、 サンクトペテルブルクのオイラー数学研究所所長でロシア科学アカ デミー正会員の Ludwig D. Faddeev 先生が昨日2月26日にお亡 くなりになりました。享年82歳でした。 Faddeev 先生は量子三体問題、Faddeev-Popov ゴースト、量子逆散 乱法、代数的 Bethe Ansatz など数理物理に数々の大きな業績を残 すとともに、Leningrad = St. Petersburg の強力な「Faddeev ス クール」を率いてこの分野をリードしてきました。近年は量子 dilogarithm 関数や Liouville 模型の研究などを精力的に進め、 つい最近まで単著論文も書いておられました。日本にも1990年 以後何度もいらしています。 謹んで哀悼の意を表します。 武部尚志 ロシア国立研究大学経済高等学校 数学学部、表現論および数理物理ラボラトリー
Subject: [MugenML 579] 近畿大学数学教室講演会 (3/10) Date: Fri, 24 Feb 2017 13:35:27 +0900 皆様 下記のように、講演会を開催いたしますので、ご案内申し上げます。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 ================================================ 日時: 2017年3月10日(金)16:00〜17:30 場所: 近畿大学東大阪キャンパス 31号館402教室 講演者: 関口次郎氏(東京農工大学) タイトル: $A_3$型一意化モデルについて アブストラクト: 1977年の数理研講究録287に掲載された論文 On the uniformization of complements of discriminant loci において,斎藤恭司氏は$A_3$型ワイル群の判別式に関係する一意化方程式を 構成した。また特別なパラメータの場合に,その解を楕円積分を使って求め, 解を並べて定義するシュワルツ写像の逆写像も楕円関数などで具体的に書き下した。 判別式を3次元の自由因子に置き換えても平行した議論ができる場合がある。 その背景のひとつには,A. Kitaevの考えた概Belyi函数と自由因子の結びつきを 解明したことがある。自由因子,一意化方程式,概Belyi函数,パンルベVIの 代数関数解,楕円関数などをキーワードにして,最近の成果を解説する。 ================================================ 連絡先:鈴木貴雄(近畿大学理工学部)
Subject: [MugenML 578] Postdoctoral position at HSE Date: Thu, 23 Feb 2017 01:50:37 +0900 皆様、 以下の通り、HSE (ロシア国立研究大学経済高等学校) 数学学部で ポスドクの公募があります(2017年9月から原則1年、延長の 可能性あり;応募締切3月15日)。興味のある方に情報をまわし て頂けますようお願いいたします。 National Research University - Higher School of Economics Faculty of Mathematics / Laboratory of Representation Theory and Mathematical Physics 武部尚志 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 以下は https://cas.hse.ru/post_math2017 からコピーしたものです。必ずこの URL 及び HSE の全学部共通の ポスドク公募要項 https://cas.hse.ru/general_postdoc をご参照下さい。 ------------------------------------------------------------ The Faculty of Mathematics at National Research University Higher School of Economics (HSE) in Moscow, Russia, invites applications for postdoctoral research positions in Pure Mathematics and Mathematical Physics. The job involves: joining one of our research groups within the department or the associated laboratories (see below) in performing high-quality research; pursuing independent research in Mathematics or Mathematical Physics in parallel with working on joint projects with faculty members and researchers of HSE writing research papers for international peer-reviewed journals participation in organization of the events and other contribution to the development of Mathematics Faculty and the associated laboratories public presentations of candidate’s own research to the researchers in the field and the broader academic community some teaching is encouraged, though not required. Requirements: a PhD (or equivalent, including Russian Candidate of Science degree) from a research university in such fields as: Mathematics, Physics, Computer Science a strong background and an established research record in Mathematics or Mathematical Physics ability to work in a team fluent English. General conditions for Post-Doctoral Research positions can be found here. Appointments will be normally made for one year. A CV, research statement and two letters of recommendation should be submitted directly via online application form by March 15, 2017. Please note that direct applications to the Faculty of Mathematics may not be reviewed. About HSE HSE is a young, dynamic, fast-growing Russian research university providing unique research opportunities. About the Faculty of Mathematics The Faculty of Mathematics was opened in 2008. Since then, it has become a leading place in Russia for attracting researchers in Mathematics and mathematical students. The Faculty has Bachelors, Masters and Ph.D. programs in Mathematics. It collaborates with the Steklov Mathematical Institute, the Institute for Information Transmission Problems, and the Lebedev Physical Institute of the Russian Academy of Sciences (world renowned research institutes). Jointly with the Independent University of Moscow, the Faculty publishes the Moscow Mathematical Journal and runs 'Math in Moscow', a “study abroad” program for North- American students. From THE REPORT OF THE INTERNATIONAL ADVISORY BOARD by Pierre Deligne, Sergey Fomin, Andrey Okounkov, Tetsuji Miwa, Stanislav Smirnov (September 2013): 'The Board is very much impressed by the current state of academic affairs at the Department. Within 5 years of its creation, HSE has become the leading Russian institution of higher learning in pure mathematics'. Affiliated with the Faculty of Mathematics are the following international research units: o International Laboratory of Algebraic Geometry and its Applications (AcademicSupervisor – F.Bogomolov) o International Laboratory of Representation Theory and Mathematical Physics (Academic Supervisor – A. Okounkov) o International Laboratory of Mirror Symmetry and Automorphic Forms (Academic Supervisor – L. Katzarkov) Fourteen of our faculty members and researches of the associated laboratories are invited speakers of the International Congress of Mathematicians. ------------------------------------------------------------ %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 以上。
Subject: [MugenML 577] Conference in honor of Kyoji Saito Date: Wed, 22 Feb 2017 10:42:32 +0900 皆様 以下のようにKavli IPMUで研究集会 Developments of mathematics at IPMU: in honor of Kyoji Saito April 25 (Tuesday) - 28 (Friday), 2017 Lecture Hall, Kavli IPMU を開催しますのでご案内いたします。詳細はウェブページ http://indico.ipmu.jp/indico/event/128/ をご覧下さい。 なお、この研究集会は2017年3月で斎藤恭司先生がKavli IPMU 主任研究員の任期を終えられる機会に開催されます。 4月27日のプログラム終了後、斎藤恭司先生をお招きして Banquetを予定しております。 Banquetに参加を希望される方で登録に関する情報をお持ちでない方は 河野俊丈 kohno あっと ms.u-tokyo.ac.jp 宛にご連絡下さい。 =================================== Developments of mathematics at IPMU: in honor of Kyoji Saito Dates: April 25 (Tuesday) - 28 (Friday), 2017 Venue: Lecture Hall, Kavli IPMU main building List of speakers will include: Aleksander A. Belavin (Institute for Theoretical and Experimental Physics, Moscow) Alexey Bondal (Steklov Math. Institute / Kavli IPMU) Claus Hertling (University of Mannheim) Kentaro Hori (Kavli IPMU) Hiroshi Iritani (Kyoto University) Michio Jimbo (Rikkyo University) Si Li (Yau Mathematical Sciences Center, Tsinhua University) Takuro Mochizuki (RIMS, Kyoto University) Shigeru Mukai (RIMS, Kyoto University) Nikita Nekrasov (Simons Center for Geometry and Physics, Stony Brook) Yongbin Ruan (The University of Michigan) Kyoji Saito (Kavli IPMU) Morihiko Saito (RIMS, Kyoto University) Yukinobu Toda (Kavli IPMU) Alexander Varchenko (University of North Carolina at Chapel Hill) Banquet: April 27 (Thursday) Oak Village Kashiwanoha Organizers: Tomoyuki Abe, Alexey Bondal, Mikhail Kapranov, Toshitake Kohno, Todor Milanov, Atsushi Takahashi, Yukinobu Toda =========================================
Subject: [MugenML 576] Algebraic Lie Theory and Representation Theory 2017 のご案内 Date: Tue, 21 Feb 2017 18:47:09 +0900 (JST) 無限可積分系メーリングリストの皆様 東京工業大学の 内藤 聡 です。 Algebraic Lie Theory and Representation Theory 2017 について、 アナウンスさせて頂きます。 この研究集会は、2014 年度 まで 「代数群と量子群の表現論研究集会 (RAQ)」として運営されてきたものを、 研究対象を広げる意味で 2015 年度からタイトルを変えて開催しています; 今年度 (2017 年度) が第 3 回となります。 今年度の開催予定は以下の通りです。 日時: 2017 年 6 月 10 日 (土) 〜 6 月 13 日 (火) 場所: 帝人アカデミー富士 〒410-1105 静岡県裾野市下和田 656 Tel: 055-997-0111/Fax: 055-997-0114 ホームページ: teijin-academy.jp 今年度は、入谷 寛氏 (京都大学)、加藤 周氏 (京都大学)、 疋田 辰之氏 (京大・数理研) に、概説講演をお願いしました。 つきましては、3 月末を締切として、一般講演及び、 ポスター・セッションでの発表を募集致します。 なお、ポスター・セッションでは、大学院生によるポスター発表を 予定しています; これは、6 月 12 日 (月) の夜の予定です。 (もちろん、大学院生による一般講演の申し込みも歓迎致します。) 一般講演及び、ポスター・セッションでの (ポスター) 発表を 申し込まれる方は、下記ウェブページの申し込みフォームをご利用下さい。 また、他薦の場合は、下記の内藤のメールアドレスまで直接お知らせ下さい。 研究集会のウェブページ http://www.math.tsukuba.ac.jp/~sagaki/altret2017.html 問い合わせ先: 内藤 聡 naito あっと math.titech.ac.jp 参加者募集のご案内や、決定した講演者等の情報は、 上記ウェブページとメーリング・リストを 通じて後日アナウンスさせて頂きます。 ■なお、宿泊施設へのアクセスについては、 帝人アカデミーの上記ホームページ (上記のウェブページからも リンクされています) を御覧下さい。 また、JR 三島駅と帝人アカデミーとの間の送迎バスについては、 現在検討中です。 どうぞよろしくお願い致します。 世話人: 内藤 聡 (東京工業大学)・池田 岳 (岡山理科大学); 協力: 佐垣 大輔 (筑波大学) ---------------------------------------------------------------- 東京工業大学理工学研究科数学専攻 内藤 聡
Subject: [MugenML 575] 農工大数学セミナー2017のご案内 Date: Mon, 20 Feb 2017 03:51:54 +0000 皆様 *複数のMLに投稿しております。重複して受信された方は申し訳ありません。 オーガナイザーの依頼により、以下の研究集会についてご案内いたします。 農工大数学セミナー2017 日程: 2017年3月21日 (火) 〜 3月23日 (木) 場所: 東京農工大学小金井キャンパス 11 号館 1113 教室 プログラムなど詳細は、添付のpdfファイルをご参照ください。 3月23日のセミナー後に,本学の関口先生のご退職を記念して懇親会を行なう予定です。 参加ご希望の方は,2月28日までに世話人の原 (nhara あっと cc.tuat.ac.jp) までお知らせ下さい。 多くの方のご参加をお待ちしております。 東京農工大学 直井克之
Subject: [MugenML 574] 第1回応用可積分系若手セミナーの開催案内(3/11) Date: Mon, 20 Feb 2017 09:46:16 +0900 無限可積分系MLの皆様 芝浦工業大学の廣瀬です。 第1回応用可積分系若手セミナーを下記の要領で開催いたします。 応用可積分系分野の若手研究者が集い、 最先端の話題に触れながら交流を深められればと思います。 興味のある方は(若手に限らず)お気軽にご参加ください。 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 日時:2017年3月11日(土)13:00~19:30 会場:同志社大学今出川キャンパス 良心館403室 プログラム: 13:00~14:30 名古屋創(金沢大学理工研究域) 共形ブロックとパンルヴェタウ関数 15:00~16:30 長井秀友(東海大学理学部) 差分・超離散系における解構造の対応 17:00~18:30 多羅間大輔(立命館大学理工学部) Lie群上の自由剛体の力学系 18:30~19:30 フリーディスカッション 講演概要、会場アクセス等の詳細はセミナーHPをご覧ください。 https://sites.google.com/site/seminarsyrais/home/seminar01 なおセミナー終了後に講演者を交えて懇親会を開く予定です。 参加を希望される方は3月4日までに廣瀬までご連絡ください。 hirose3 あっと shibaura-it.ac.jp 世話人: 廣瀬三平(芝浦工業大学デザイン工学部) 三木啓司(同志社大学理工学部) %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% -- 廣瀬三平 芝浦工業大学
Subject: [MugenML 573] 研究集会 Finite Groups and VOAs 2017 Date: Sun, 19 Feb 2017 17:55:58 +0900 MugenML のみなさま # 重複して受け取られた場合はご容赦ください。 東京女子大学の山内です。 下記の要領で研究集会を開催いたしますので,ご案内いたします。 Finite Groups and Vertex Operator Algebras 2017 日程:2017年3月21日(火) 10:00−17:30 場所:東京女子大学9号館1階9101室 プログラムは以下の集会サイトよりご確認ください。 https://sites.google.com/a/lab.twcu.ac.jp/fgvoa2017/ 集会終了後に一橋大学の山田裕理先生の退職をお祝いして,吉祥寺にて 夕食会を予定しております。予約の関係から,夕食会への参加希望者は 以下のフォームより事前に参加登録をお願いいたします。 https://sites.google.com/a/lab.twcu.ac.jp/fgvoa2017/banquet フォームからの登録がうまく行かない場合には,山内まで直接メールにて 参加の旨をお知らせください。私のメールアドレスは yamauchi あっと lab.twcu.ac.jp になります。夕食会のみの参加も歓迎いたします。 多くの方の参加をお待ちしております。 山内 博
Subject: [MugenML 572] Workshop at IPMU, Mar 21-23 Date: Tue, 14 Feb 2017 07:55:54 -0500 Dear colleagues, I attach below the conference announcement. http://research.ipmu.jp/seminar/?conference_id=145 Best, Masahito --------------- Date:Mar 21, 2017 - Mar 23, 2017, Title:Mathematics and Superstring Theory -Unlocking the Mysteries of the Accelerating Universe through Superstring Theory and Astrophysical Observations - Venue: Lecture Hall (1F), Kavli IPMU Speakers: Atsushi Kanazawa (Kyoto U) Georg Oberdieck (MIT) Yinbang Lin (Tsinghua U) Kyoung-Seog Lee (IBS Center for Geometry and Physics) Akishi Ikeda (Kavli IPMU) Mauricio Romo (IAS) Nezhla Aghaee (U Bern) Ivan Ip (Kyoto U) Shamil Shakirov (Harvard U) Pietro Longhi (Uppsala U) Bruno Le Floch (Princeton U) Zheng Hua (U Hong Kong) Dongmin Gang (Kavli IPMU) Taizan Watari (Kavli IPMU) Simeon Hellerman (Kavli IPMU) Organizers: Yukinobu Toda (Kavli IPMU), Masahito Yamazaki (Kavli IPMU) Sponsor / Co-sponsor: Kavli IPMU, JSPS (Program for Advancing Strategic International Networks to Accelerate the Circulation of Talented Researchers)
Subject: [MugenML 571] MS seminar at Kavli IPMU -- John Francis (Northwestern U) -- Mar 14, 2017 Date: Tue, 14 Feb 2017 20:22:49 +0900 Dear all, I would like to announce the following Mathematics and String theory seminar at Kavli IPMU. Speaker: John Francis (Northwestern U) Date: Tue, Mar 14, 2017, 13:15 - 14:45 Place: Kavli IPMU, Seminar Room A Title: Factorization homology and the cobordism hypothesis Abstract: Factorization homology offers a multiplicative analogue of ordinary homology. Ordinary homology "integrates" an abelian group or chain complex over the moduli space of open subspaces of a manifold M. The result takes disjoint unions of manifolds to direct sums of chain complexes. Factorization homology "integrates" an n-disk algebra or higher category over the moduli space of stratifications of M. The result takes disjoint unions to tensor products. I'll give an introduction to factorization homology. Time permitting, I'll also discuss the cobordism hypothesis -- after Baez–Dolan, Costello, Hopkin-Lurie, and Lurie -- which asserts that for a suitable target C, there is an equivalence TQFT(C) = obj(C) between C-valued framed topological field theories and objects of C. I'll describe a proof of the cobordism hypothesis based on factorization homology. This is joint work with David Ayala. ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
Subject: [MugenML 570] MS seminar at Kavli IPMU -- Dennis Gaitsgory (Harvard U) -- Mar 13-17, 2017 Date: Mon, 13 Feb 2017 23:13:50 +0900 Dear all, I would like to announce the following series of lectures by Dennis Gaitsgory Speaker: Dennis Gaitsgory (Harvard U) Date: Mon, Mar 13, Wed. Mar 15, and Fri. Mar 17, 2017, 13:15 - 17:00 Place: Kavli IPMU, Seminar Room B Remarks: Break 14:45 -15:30 Title: Langlands conjecture for function fields via shtukas Abstract: This will be a mini-course reviewing the work of Vincent Lafforgue, in which he proves the Automorphic->Galois direction in the Langlands conjecture. The key ideas of the work are closely related to those from conformal field theory: fusion and local-to-global principles. The main tool is the Geometric Satake equivalence. ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
Subject: [MugenML 569] 近畿大学数学教室講演会 Date: Sat, 11 Feb 2017 15:41:07 +0900 皆様 近畿大学講演会を以下の通り開催いたします。 皆様のご参加をお待ちしております。 日時:2017年2月27日(月)16:30〜17:30 場所:近畿大学東大阪キャンパス31号館402教室 講演者:大久保直人(東京大学大学院数理科学研究科) タイトル:一般化されたqパンルヴェVI方程式とクラスター代数 アブストラクト:FominとZelevinskyにより導入されたクラスター代数とは, mutationと呼ばれる操作によって定義されるある種の可換環である. いくつかのqパンルヴェ方程式に対応するクラスター代数が知られているが, 本講演では一般化されたqパンルヴェVI方程式に対応するクラスター代数に ついて紹介する.本研究は鈴木貴雄氏(近畿大学)との共同研究である. 連絡先:鈴木貴雄(近畿大学理工学部)
Subject: [MugenML 568] 半田山・幾何・代数セミナー Date: Fri, 10 Feb 2017 19:09:56 +0900 皆様, 下記のセミナーを行います. 第2回 半田山・幾何・代数セミナー 日時:2017年2月22日(水) 16:30—18:00 場所:岡山理科大学 A2 号館 7 F 大ゼミ室 講演者:青木美穂(島根大学総合理工学部) タイトル:Laxton群の構造と2次体の整数論について アブストラクト:整数T,Nに対し特性多項式f(X)=X^2-TX+Nで定義される 2次の線形回帰数列全体を考える. 講演ではまずLaxtonによって定義された数列の 同値類とその全体に入る群構造について説明をする. また, この群構造が2次体の整数論を綺麗に記述していることを説明する. さらに, 酒井悠帆さん(島根大学大学院博士後期課程1年生)との共同研究で得られた 素数に依存する同値類全体とLaxton群との関係に関する結果について述べる. 世話人:池田岳,黒木慎太郎,松村朝雄(岡山理科大学)
Subject: [MugenML 567] 第 22 回代数学若手研究会 プログラム Date: Fri, 10 Feb 2017 13:43:45 +0900 皆様 岡山大学の小野舞子さんの依頼により, 第22回代数学若手研究会の情報をお知らせをします。 ****** 以下転送です. ******* 皆様、 第22回代数学若手研究会のプログラムが完成しましたので、ご案内申し上げます。 *複数のMLに投稿しております。重複して受信された方は申し訳ありません。 第22回代数学若手研究会 日程:2017年3月6日(月)午後から2017年3月9日(木)まで 場所:岡山大学 理学部本館2階21講義室 プログラムはウェブサイト https://sites.google.com/site/wakate2017/program に掲載しております。 第22回代数学若手研究会では2017年3月7日夕刻に岡山大学内で懇親会を行う予定です。 懇親会への参加を希望される方は下記よりお申込み下さい(2/28締切): https://sites.google.com/site/wakate2017/registration なお既にお申込み頂いた方は再度お申込み頂く必要はありません。 *第22回代数学若手研究会開催と同時期に岡山大学で別の学会が開催されるため、 宿泊施設の混雑が予想されます。 参加をお考えの方はお早めのご予約をお勧め致します。 皆様のご参加をお待ちしております。 第22回代数学若手研究会 世話人 小野舞子(岡山大学) 中村力(岡山大学) 松野高久(岡山大学) 鈴木武史(岡山大学) 第22回代数学若手研究会ウェブサイト https://sites.google.com/site/wakate2017/ -- 木村 嘉之 Yoshiyuki Kimura Kobe University, Department of Mathematics Research map : http://researchmap.jp/ysykmr/
Subject: [MugenML 566] 研究集会(富山、平成29年2月12日(日)~15日(水))について Date: Thu, 09 Feb 2017 19:28:31 +0900 皆様、富山大学の山根宏之です。 先日以下のメールをお送りしましたが、 懇親会を2月13日(月)の晩に富山市内で 行います(予算は1人4000円ぐらい)。ちょうど魚が美味しい時期だと思います。 懇親会にご参加していただける方で まだお知らせいただけていない人は私に 至急に お知らせください。 12日の日曜日について 建物はしまっていますが 幸い会場は1階ですので 会場の富山大学理学部B121情報数理実習室3 の東側の窓を軽くたたいていただけると 3部屋はさんで北にある扉(B127とB129の間)を開けにいきます。 またemailを随時見るようにするつもりです。 会場の建物のについては http://www.sci.u-toyama.ac.jp/_images/aboutus/img_05_F1a.jpg を見てください。 よろしくお願い致します。 ------------------------- 下記の研究集会を開催します。 お忙しいところだとは思いますが ご参加していただけますよう よろしくお願い致します。 研究集会のホームページ http://ntw.sci.u-toyama.ac.jp/ntha2017/ Meeting for Study of Number theory, Hopf algebras and related topics 平成29年2月12日(日)~平成29年2月15日(水) 富山大学理学部B121 プログラム 平成29年2月12日(日) 8:45 山根宏之(富山大学理学部) 10:30 澁川陽一(北海道大学理学部) 13:45 佐藤僚(東京大学数理科学研究科) 15:30 名古屋創(金沢大学理工研究域)   平成29年2月13日(月) 8:45 斎藤克典(名古屋大学多元数理科学研究科)、 10:30 清水健一(芝浦工業大学システム理工学部) 13:45 松本拓也(名古屋大学高等研究院・多元数理科学研究科) 15:30 古閑義之(福井大学工学部)   平成29年2月14日(火) 8:45 小木曽岳義(城西大学理学部) 10:30 横山俊一(九州大学数理学研究院) 13:45 和久井道久(関西大学システム理工学部) 15:30 大島和幸(愛知工業大学基礎教育センター) 平成29年2月15日(水) 8:45 笹木集夢(東海大学理学部) 10:30 木村巌(富山大学理学部) 世話人:木村、古閑、小木曽、山根 アブストラクト 平成29年2月12日(日) 山根宏之 タイトル: 一般化された量子群と非可換代数のマティマティカによる計算法 アブストラクト: 山根は1990年代に有限次元単純スーパーリー代数、アフィンスーパー リー代数${¥mathfrak{g}}$およびそれに付随する量子群$U_q{¥mathfrak{g}}$ の定義関係式を研究した。$U_q{¥mathfrak{g}}$の定義関係式が十分である だけでなく必要である事およびLusztig同型写像と両立していることが マティマティカを用いる事によって示される事をのべる。 澁川陽一 タイトル: ダイナミカル・ヤン・バクスター写像とカンドル アブストラクト: カンドルは,結び目の研究に現れる代数的対象である.これは,少し姿を変えて 微分幾何学における対称空間にも現れる.本講演では,量子ダイナミカル・ ヤン・バクスター方程式に類似の方程式の解であるダイナミカル・ヤン・ バクスター写像を,カンドルを用いて構成する方法について紹介する. 時間が許せば,このダイナミカル・ヤン・バクスター写像から定まる代数に ついても説明したい. 佐藤僚  タイトル: $N=2$超共形代数の認容表現について アブストラクト: $N=2$超共形代数はVirasoro代数の一般化として得られる無限次元Lie超代数 である.頂点超代数の理論を用いることにより,Feigin-Semikhatov-Tipuninは $N=2$超共形代数とアフィンLie代数$¥widehat{¥mathfrak{sl}}_{2}$の ある種の表現圏の間に対応関係があることを示した.本講演では,彼らの議論を 精密化することで,適切なウェイト表現圏の間の圏同値が構成されることを述べる. さらに,アフィンLie代数のKac-Wakimoto認容表現との関係など,その圏同値から 導かれるいくつかの応用について触れる. 名古屋創 タイトル: 共形場理論とパンルヴェ方程式 アブストラクト:第六パンルヴェ方程式のタウ関数が c=1 の Virasoro 共形 ブロックの Fourier 変換で書けるという予想が 2012 年に提出され 2014 年には 2つの証明が提出された. 講演では, 第四, 五パンルヴェ方程式のタウ関数の 不確定特異点における形式的級数展開が c=1 の Virasoro 不確定共形ブロックの Fourier 変換で書けるという結果について解説する. 平成29年2月13日(月) 斎藤克典  タイトル: ハミルトン系の可積分性と微分ガロア理論 アブストラクト: 1990年代半ばから2000年代半ばにかけて Morales-Ruiz, Ramis, Sim¥'{o}らにより, ハミルトン系の可積分性の判定に線型微分方程式のガロア理論(Picard-Vessiot 理論)を用いる理論が与えられた.そこで主要な役割を果たすのが, 「ハミルトン系が Liouvilleの意味で完全可積分ならばその系の特定の解に沿った(線形化された) 変分方程式の微分ガロア群(Picard-Vessiot群)の連結成分は可換になる」 という 結果である.講演では, この結果を梅村の一般微分ガロア理論の枠組みの中で見た 場合についての説明をする. 清水健一  タイトル: 圏論的フェアリンデ公式と関連する最近の話題 アブストラクト: モジュラーテンソル圏とは、ある種の有限性と非退化性を持った半単純なリボン圏 であり、数学や数理物理学の様々な分野と関連して盛んに研究されている。 1990年代にLyubashenkoはこの概念の『非半単純』な一般化を提案している。 Lyubashenko自身によって、そのような圏からは三次元多様体の不変量や モジュラー群の表現などが得られることが示されており、この概念はモジュラー テンソル圏の概念の非常に興味深い一般化であると言えよう。講演では、 このような圏におけるテンソル積の分解則を記述する『圏論的フェアリンデ公式』 を中心に、非半単純モジュラーテンソル圏に関する最近の話題を紹介したい。 松本拓也 タイトル: Supersymmetric realization of the extended W-algebra of type A_1 at positive rational level アブストラクト:  Belavin, Polyakov, Zamolodchikovによるミニマル模型は、ボソンフォック空間 に作用するスクリーニング作用素が定めるコホモロジーとして定義できることを、 Felderは指摘した。この自然な拡張として、スクリーニング作用素の核全体を 考えたのが、拡大W代数である。今回講演では、このスクリーニング作用素を 「超対称生成子」と解釈し、その作用に関する軌道全体のなす加群の構造を 議論したい。この加群には、自然にスーパーの次数付けが入るが、先ほどの 拡大W代数とその双対空間は、そのeven部分空間になることが期待される。 本講演は、橋本義武氏(東京都市大学)、土屋昭博氏(Kavli IPMU)との共同研究に 基づく。 古閑義之  タイトル: アフィン超リー代数 sl(2,1)^ のある一般化されたVerma 加群の構造 アブストラクト: Semikhatov と Taormina は 2001 年の論文で, アフィン超リー代数 sl(2,1)^ のある一般化されたVerma 加群の構造を調べ, それを用いて admissible 表現の BGG レゾリューションを与えた. この講演では, 彼らの結果及びその証明に 必要な Shapovalov 行列式公式, 特異ベクトル公式について説明する. またこの一般化されたVerma 加群の構造とワイル亜群の関係について述べる. 平成29年2月14日(火) 小木曽岳義 タイトル: Local functional eqautions associated to the polarization of homaloidal polynomials アブストラクト: Homaloidal多項式の極化の局所ゼータ関数が(PV の相対不変式でなくとも) 一般に局所関数等式を持つことについて、述べる。さらに、homaloidal 多項式に極化を繰り返すことで、局所関数等式の無限系列が出来るが、 最初が概均質型の場合はずっと概均質型であることを示す。逆に、最初が 非概均質型のときに、ずっと非概均質型のままかどうかは一般には未解決である。 ここでは、非概均質的局所関数等式を満たすClifford quartic formから出発し て極化を繰り返した場合には、その先もずっと非概均質型であり、 非概均質的局所関数等式の無限系列が出来ることを示す。時間が許せば、 subHankel行列式のb-関数とhomaloidal多項式の極化のb-関数の 類似についてもお話ししたい。 横山俊一 タイトル: Computing tables of elliptic curves over number fields アブストラクト: We survey explicit methods in number theory to compute elliptic curves with prescribed reduction over number fields. Especially, in this talk, we explain two ways to achieve them: (i) using algebraic number theory and Diophantine equation, and (ii) using algebraic (and arithmetic) geometry. This is partly joint with Masaya Yasuda (IMI, Kyushu University). 和久井道久 タイトル: 組み紐構造に基づくホップ代数不変量の球面構造、リボン構造を用い た変種とそれらの比較 アブストラクト: 2010年に講演者により定義された組み紐構造に基づく有限次元半単純ホップ代数 に対する多項式不変量の、ピボタル構造、球面構造、リボン構造を用いた変種を 考察する。特に、鈴木智支氏により発見された2次の行列余代数によって 生成される余半単純ホップ代数に対して、それらの値を比較した結果を報告する。 大島和幸 タイトル: Another description of Lie superalgebras osp(M|N) アブストラクト: We give an another description of Lie superalgebras osp(M|N) introduced by Hiroyuki Yamane, which is used in the study of Iwahori-Hecke algebras associated with Lie superalgebras (RIMS Kokyuroku Bessatsu B11(2009)). 平成29年2月15日(水) 笹木集夢  タイトル: Admissible representations, multiplicity-free representations and visible actions on non-tube type Hermitian symmetric spaces アブストラクト: リー群の表現の重複度に関する研究は,個々の表現に依存した形では散財的に 知られていたが最近になって小林俊行氏と大島利雄氏による「有限重複度定理」や 小林氏による「無重複性の伝播定理」によって重複度の性質を統一的に説明する という理論が大きく進展した.これらの理論には,群作用による軌道分解や幾何が 重要な役割を果たす.逆に,無重複表現や重複度有限な表現が与えられたとき 対応する群作用や幾何においてよい性質が抽出されると期待される.本講演では, 非管状型エルミート対称空間上のベクトル束の切断に実現される表現に対して, 重複度や底空間における群作用と幾何の視点から考察し種々の性質の相互関係を 概説する予定である. 木村巌  タイトル: いくつかのモジュラー形式の零点について アブストラクト: level 1の正則Eisenstein級数の零点のうち,SL_2(Z)の標準的な基本領域の境界 上にあるものを特定したF.K.C.Rankin and H.P.F.Swinnerton=Dyerの研究に端を 発する,モジュラー形式の零点について,特にFricke群の場合を中心に概説する. よろしくお願い致します。 山根宏之 富山大学理学部数学教室 〒930-8555 富山市五福3190番地 Hiroyuki Yamane, Department of Mathematics, Faculty of Science, University of Toyama, Gofuku 3190, Toyama 930-8555, JAPAN http://www3.u-toyama.ac.jp/hiroyuki/
Subject: [MugenML 565] Conference "Geometry, Analysis and Mathematical Physics" Date: Thu, 9 Feb 2017 16:52:23 +0900 皆様: 来週京都大学数学教室にて開催予定の 研究集会「Geometry, Analysis and Mathematical Physics」 についてご案内を申し上げます. 懇親会 (2月15日(水)) への参加申し込みの期日が明日まで となっております. ご参加いただけます方は, ホームページ https://sites.google.com/site/geoanamathphys/registration よりご登録をよろしくお願いします. 世話人:入谷寛,岩木耕平,小西由紀子,高橋篤史 本メールに関するご連絡・ご質問等は下記までお願いします.   岩木 耕平(名古屋大学多元数理科学研究科)
Subject: [MugenML 564] Spring School on Representation Theory (March 13--17 at U. Tokyo) 1st announcement Date: Tue, 7 Feb 2017 14:14:09 +0900 皆さま 以下の通り3月中旬に東大数理においてSpring Schoolを予定しています。 お誘い合わせの上ご参加を検討していただけると幸いです。 ワークショップ名: Spring School on Representation Theory 日時: 2017年3月13日(11:00)~17日(午後まで) 場所: 東京大学数理科学研究科・117号室 内容: 以下の方々による表現論、数理物理関係の講演 Evgeny Mukhin (Indiana; 3 lectures) Leonid Rybnikov (HSE; 3 lectures) 佐垣大輔 (筑波大; 3 lectures) 白石潤一 (東大数理; 2 lectures) 神保道夫 (立教大) 松尾厚 (東大数理; 3 lectures) なお、水曜日(3月15日)の夜に懇親会を予定しています。その詳細については 追って連絡いたします。 よろしくお願いいたします。 斉藤義久、加藤周
Subject: [MugenML 563] Current topics in algebraic and symplectic geometry (March 2017, Kyoto) Date: Sat, 4 Feb 2017 23:48:11 +0900 皆様 2017年3月6日-10日に京都大学数学教室においてワークショップ 「Current topics in algebraic and symplectic geometry」を開催致します. 研究講演の他に,Hansol Hong氏(Harvard大学),Ziming Ma氏(国立台湾大学), 大川新之介氏(大阪大学),佐野太郎氏(神戸大学)による連続講義を 予定しております. 詳しくは以下のウェブサイトをご覧下さい. 多くの方の参加をお待ちしております. https://sites.google.com/site/kyotoworkshop20173/home 京都大学理学部数学教室 入谷寛
Subject: [MugenML 562] Conference "Geometry, Analysis and Mathematical Physics" (3rd announcement) Date: Sat, 4 Feb 2017 00:02:42 +0900 皆様: 2017年2月13日から17日まで京都大学数学教室にて開催予定の 研究集会「Geometry, Analysis and Mathematical Physics」 についてご案内を申し上げます。 1) 研究集会の事前登録用のページを作成いたしました。 ご参加予定の方は、下記のページよりご登録頂けますと幸いです。 https://sites.google.com/site/geoanamathphys/registration 2) 研究集会の懇親会を2月15日 (水) の 18:30 から、 がんこ二条苑 (変更の可能性あり) http://www.gankofood.co.jp/shop/detail/ya-nijyoen/?ya=true にて予定しております。懇親会にご参加頂けます方は、先の 登録用のページでその旨をお伝えください。 なお、お店の予約のため、懇親会への参加をご希望の方は 2月10日 (金) のお昼までにご登録をよろしくお願いします。 もしくは、岩木まで直接ご連絡頂いても結構です。 ご登録頂いた情報が web page に反映されるまでに しばらく時間がかかりますので、ご注意ください。 3) この研究会への参加に対して若干名の方々に旅費援助が可能です。 ご希望の方は速やかにお知らせください。 世話人:入谷寛,岩木耕平,小西由紀子,高橋篤史 本メールに関するご連絡・ご質問等は下記までお願いします.   岩木 耕平(名古屋大学多元数理科学研究科)
Subject: [MugenML 561] RIKEN SPDRの募集のお知らせ Date: Fri, 03 Feb 2017 11:07:54 +0900 皆様 理化学研究所(理研)では、2018年度基礎科学特別研究員の 募集を開始しています。募集要項 http://www.riken.jp/careers/programs/spdr/career2018/ http://www.riken.jp/en/careers/programs/spdr/career2018/ (in English) にありますように、数理科学が募集分野に入っています。 全体で60名程度の募集です。応募資格につきましては 募集要項をご参照ください。募集要項に、 「理研の受入希望研究室への連絡」を行うように と書かれていますが、2016年11月に発足した 「数理創造プログラム(iTHEMS)」 https://ithems.riken.jp/ http://www.riken.jp/research/labs/ithems/ の趣旨に合う研究を計画されている方は 初田哲男プログラムディレクター宛て、又は私宛てに ithems [at] riken.jp にご連絡いただければ幸いです。 基本情報の登録期間は、2017年2月15日〜4月12日、 応募締め切りは2017年4月19日(水)午後5時(日本時間・必着)です。 多数のご応募をお待ちしています。 理化学研究所 数理創造プログラム(iTHEMS) 副プログラムディレクター    坪井 俊(東大数理)
Subject: [MugenML 560] Conference "Geometry, Analysis and Mathematical Physics" (2nd announcement) Date: Sat, 28 Jan 2017 23:56:42 +0900 皆様: 2017年2月13日から17日まで京都大学数学教室にて開催予定の 研究集会「Geometry, Analysis and Mathematical Physics」について, 講演スケジュールが確定致しましたので, ご案内を申し上げます. 講演題目および要旨は下記のホームページからダウンロードしてご覧になれます. https://sites.google.com/site/geoanamathphys/ プログラム ・2月13日 (月)  10 : 00 〜 11 : 00 Registration  11 : 30 〜 12 : 30 T. Bridgeland (University of Sheffield)    Riemann-Hilbert problems in Donaldson-Thomas theory 1  14 : 00 〜 15 : 00 T. Koike (Kobe University)    TBA  15 : 30 〜 16 : 30 D. Yamakawa (Tokyo Institute of Technology)    Twisted wild character varieties  16 : 30 〜     Free discussion ・2月14日 (火)  10 : 00 〜 11 : 00 Y. Shamoto (RIMS, Kyoto University)    An analogue of the Dubrovin conjecture  11 : 30 〜 12 : 30 T. Bridgeland (University of Sheffield)    Riemann-Hilbert problems in Donaldson-Thomas theory 2  14 : 00 〜 15 : 00 N. Orantin (EPFL)    TBA  15 : 30 〜 16 : 30 T. Milanov (Kavli IPMU)    Primitive forms and Frobenius structures on the Hurwitz spaces 16 : 30 〜     Free discussion ・2月15日 (水)  10 : 00 〜 11 : 00 T. Sutherland (Mainz)    TBA  11 : 30 〜 12 : 30 N. Orantin (EPFL)    TBA  14 : 00 〜 18 : 00 Free discussion  18 : 30 〜     Banquet ・2月16日 (木)  10 : 00 〜 11 : 00 K. Takasaki (Kindai University)    Quantum spectral curve of melting crystal model and its 4D limit  11 : 30 〜 12 : 30 Y. Yamada (Kobe University)    A geometric formulation of the q-Garnier system  14 : 00 〜 15 : 00 A. Grassi (ICTP)    TBA  15 : 30 〜 16 : 30 Y. Toda (Kavli IPMU)    Gopakumar-Vafa invariants via vanishing cycles  16 : 30 〜     Free discussion ・2月17日 (金)  10 : 00 〜 11 : 00 T. Kuwagaki (University of Tokyo)    TBA  11 : 30 〜 12 : 30 A. Kanazawa (Kyoto University)    Doran-Harder-Thompson conjecture via SYZ mirror symmetry  14 : 00 〜 15 : 00 W. Ebeling (Hannover)    TBA  15 : 30 〜 16 : 30 L. Katzarkov (Universität Wien)    Center manifolds filtrations and categories 世話人:入谷寛,岩木耕平,小西由紀子,高橋篤史 本メールに関するご連絡・ご質問等は下記までお願いします.   岩木 耕平(名古屋大学多元数理科学研究科)
Subject: [MugenML 559] MS seminar at Kavli IPMU -- Marc-Hubert Nicole -- Feb 24, 2017 Date: Fri, 27 Jan 2017 13:48:08 +0900 Dear all, I would like to announce the following Mathematics and String theory seminar at Kavli IPMU. Speaker: Marc-Hubert Nicole (Institut Mathematique de Marseille) Date: Fri, Feb 24, 2017, 13:15 - 14:45 Place: Seminar Room A Title: Algebraic cycles and modular forms Abstract: available at http://research.ipmu.jp/seminar/?seminar_id=1809 ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
Subject: [MugenML 558] 慶應大学経済学部教員公募 Date: Fri, 27 Jan 2017 11:15:17 +0900 この度,慶應義塾大学・経済学部・数学教室では,数学教員の公募を行うことと なりました.公募要領やエントリーフォーム等の詳細につきましては, web-page アドレス http://www.econ.keio.ac.jp/recruit に upload されておりますので,何卒宜しくご高覧の程,お願い申し上げます. 関連の方々へ広くご周知をいただければ大変幸いに存じます. 慶應義塾大学 池田 薫
Subject: [MugenML 557] セミナーのお知らせ Date: Wed, 25 Jan 2017 13:38:51 +0900 皆様、 以下のセミナーをアナウンスさせていただきます。 ウィロックス ラルフ %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 日時 : 2017 年2 月9 日 (木) 17:30 - 18:30 場所 : 東京大学・駒場第 I キャンパス・大学院数理科学研究科棟056教室 講演者: Dinh Tran (University of New South Wales, Australia) タイトル: Growth of degrees of lattice equations and its signatures over finite fields 概要: We study growth of degrees of autonomous and non-autonomous lattice equations, some of which are known to be integrable. We present a conjecture that helps us to prove polynomial growth of a certain class of equations including $Q_V$ and its non-autonomous generalization. In addition, we also study growth of degrees of several non-integrable equations. Exponential growth of degrees of these equations is also proved subject to a conjecture. Our technique is to determine the ambient degree growth of the equations and a conjectured growth of their common factors at each vertex, allowing the true degree growth to be found. Moreover, our results can also be used for mappings obtained as periodic reductions of integrable lattice equations. We also study signatures of growth of degrees of lattice equations over finite fields. %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
Subject: [MugenML 556] Kavli IPMUにおける公募(サイエンスコミュニケーション) Date: Sat, 21 Jan 2017 11:19:31 +0900 皆様 Kavli IPMU で、サイエンスコミュニケーションを研究する任期なしの 准教授もしくは教授を公募します。募集期間が二週間と短いので、 関係者にご周知お願いいたします。 河野俊丈 ==================== http://www.ipmu.jp/en/job-opportunities/staff-in-science-communication ==================== The Kavli IPMU invites applicants for an Associate or Full Professor position in the field of science communication. The successful candidate is expected to create a strong synergy between science communication and our research fields: theoretical and experimental particle physics, cosmological physics, astronomy, mathematics, and statistics to pursue our goal. We are particularly interested in candidates with broad interests to interact with scientists at Kavli IPMU. The successful candidate is also expected to work with the university headquarters to promote public relations of the University. We seek to build a diverse, highly interactive membership. Female and international applicants are strongly encouraged. The application should include a CV, research statement, publication list, and at least six letters of recommendation. They should be uploaded at *Application Form Applications and letters should be submitted by February 7th, 2017. Kavli Institute for the Physics and Mathematics of the Universe (Kavli IPMU), The University of Tokyo Institutes for Advanced Study, is an international research institute with English as its official language established in October 2007. The goal of the institute is to discover the fundamental laws of nature and to understand the universe from the synergistic perspectives of mathematics, theoretical and experimental physics, astronomy, and statistics. Kavli IPMU is on the Kashiwa campus of the University of Tokyo. More than a half of its full-time scientific members come from outside Japan. Its annual budget is approximately $13M. Kavli IPMU has a satellite in Kamioka to maintain close connection with groups working on underground experiments. Hitoshi Murayama Director, Kavli Institute for the Physics and Mathematics of the Universe (Kavli IPMU) UTokyo Institutes for Advanced Study (UTIAS), University of Tokyo 5-1-5 Kashiwa-no-Ha, Kashiwa City, Chiba 277-8583, Japan Tel: +81-4-7136-5961FAX: +81-4-7136-4941 MacAdams Professor of Physics, University of California, Berkeley, CA 94720 Tel: +1-510-642-1019FAX: +1-510-643-8497 Faculty Senior Staff, Lawrence Berkeley National Laboratory, MS 50A-5104, Berkeley, CA 94720 Tel: +1-510-486-6659FAX: +1-510-486-6808
Subject: [MugenML 555] 大阪市立大学 代数セミナーのお知らせ Date: Fri, 20 Jan 2017 17:12:15 +0900 大阪市立大学 代数セミナーのお知らせ 2017年2月20日(月)16:30~18:00 理学部 E棟4階 講究室(E408号室) 講演者 : Jae-Hoon Kwon (Seoul National University) 題 目 : On Lusztig data of Kashiwara-Nakashima tableaux 概 要: In this talk, we provide a combinatorial description of the crystal embedding of Kashiwara-Nakashima tableaux in types $B$ and $C$ into Lusztig data associated to a family of reduced expressions of the longest element. Our description of the embedding is simple and elementary in the sense that we use only the Schutzenberger's jeu de taquin and RSK algorithm. A spinor model for classical crystals plays an important role as an intermediate object connecting Kashiwara-Nakashima tableaux and Lusztig data. 奮ってご参加ください。 〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138 大阪市立大学理学部数学教室 宮地 兵衛
Subject: [MugenML 553] MS seminar at Kavli IPMU -- Patricio Gallardo (U of Georgia) -- Feb 21, 2017 Date: Fri, 20 Jan 2017 04:08:16 +0900 Dear all, I would like to announce the following Mathematics and String theory seminar at Kavli IPMU. Speaker: Patricio Gallardo (U of Georgia) Date: Tue, Feb 21, 2017, 13:15 - 14:45 Place: Seminar Room A Title: On geometric invariant theory for hypersurfaces and their hyperplane sections. Abstract: Geometric Invariant Theory (or GIT) is a method for constructing moduli spaces of varieties in algebraic geometry. In particular, for a hypersurface and a hyperplane in projective space, there is a combinatorial algorithm that allows us to describe the varieties parametrized by the GIT quotient. We will discuss the implementation of this algorithm, its geometric interpretation, and an application of its output for the case of a cubic surface and their anticanonical divisor. The topic of this talk is joint work with J. Martinez-Garcia. ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
Subject: [MugenML 552] MS seminar at Kavli IPMU -- Yoshihisa Saito (Tokyo U) -- Feb 21, 2017 Date: Mon, 16 Jan 2017 19:17:28 +0900 Dear all, I would like to announce the following Mathematics and String theory seminar at Kavli IPMU Speaker: Yoshihisa Saito (Tokyo University) Date: Tue, Feb 21, 2017, 15:30 - 17:00 Place: Kavli IPMU, Seminar Room B Title:On quantized elliptic algebras Abstract: Let $¥mathfrak{g}$ be a semisimple Lie algebra, and $¥mathfrak{g}_{tor}$ the corresponding toridal Lie algebra. Namely, $¥mathfrak{g}_{tor}$ is the universal central extension of double loop Lie algebra $¥mathfrak{g}¥otimes¥mathbb{C}[s^{¥pm 1},t^{¥pm 1}]$. Around 2000, Kyoji Saito and Yoshii gave a new presentation of $¥mathfrak{g}_{tor}$ by finitely many generators and relations, attached with elliptic Dynkin diagrams. In this talk, we introduce a q-analogue of K. Saito and Yoshii's presentation, so-called ``quantum elliptic algebras''. In addition, we show that these algebras are isomorphic to quantum toroidal algebras for several types. In other words, we give a presentation of quantum toroidal algebras by finitely many generators and relations. ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
Subject: [MugenML 551] Seminar announcement Date: Mon, 16 Jan 2017 14:15:24 +0900 (JST) Mugen ML の皆様、 2月1日(水)に、京都大学数理解析研究所において、 下記のようなセミナーを開催致します。 興味をお持ちの方はご参加頂ければ幸いです。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 京都大学数理解析研究所 竹井 義次 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% "Seminar on Singular Perturbations" 日 時: 平成29年2月1日(水) 15:00〜16:30 場 所: 京都大学数理解析研究所206号室 講演者: Prof. Jorge Mozo Fernandez (Valladolid, Spain) 題 目: Asymptotic expansions in several variables and reduction of singularities 要 旨: In this talk we will define the notion of asymptotic expansion with respect to an analytic germ of complex function. This is a generalization of the notion of monomial asymptotic expansion defined by Canalis-Durand, Mozo and Schaefke, and in fact, it can be related with this notion via the monomialization process, that is a weak version of the reduction of the singularities. We will explain this process and propose some examples of possible application. It is a joint work with Reinhard Schaefke. %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
Subject: [MugenML 550] 第22回代数学若手研究会講演募集再送 Date: Fri, 13 Jan 2017 17:05:13 +0900 皆様 岡山大学の小野舞子さんの依頼により, 第22回代数学若手研究会の情報をお知らせをします。 ****** 以下転送です. ******* 皆様、 第22回代数学若手研究会の講演申し込みの締め切りが近づいて参りましたので、 再度ご連絡申し上げます。 *複数のMLに投稿しております。重複して受信された方は申し訳ありません。 第22回代数学若手研究会 日程:2017年3月6日(月)午後から2017年3月9日(木)まで 場所:岡山大学 本年度は、前年度と同様に代数学若手研究会内に、招待講演の枠を設けました。 以前の若手会セミナーと同じく、その場で質疑応答や議論する”セミナー形式”で、 この会を通じて、普段では得ることの出来ない考えや情報を交換し合い、 お互いの数学をより高め合う場として、活発な議論ができればと思っております。 招待講演者: 有木進 氏(大阪大学) 中嶋祐介 氏(名古屋大学) 代数学若手研究会とは、 代数学を専門とする若手研究者(定義は任意)による研究集会です。 過去の代数学若手研究会については http://siva.cc.hirosaki-u.ac.jp/usr/ueyama/wakate/index.html をご覧下さい。 今回の研究集会に関する詳細な情報はウェブサイト (https://sites.google.com/site/wakate2017/)に掲載しております。 以下、各種申し込みについてご案内申し上げます。 1.講演申し込み(2017年1月15日まで) 第22回代数学若手研究会では講演者の募集を行っております。 講演を希望される方は2017年1月15日までに アブストラクトを以下の要領でメールをお送り下さい。 講演時間は1人当たり40分とする予定ですが、 講演者の数によって変更される可能性があることをご了承下さい。 宛先:onomaikoあっとs.okayama-u.ac.jp (小野 舞子) 件名:第22回代数学若手研究会講演申し込み 必要事項: ・氏名、英文氏名 ・所属、英文所属、身分(学年) ・講演題目 ・アブストラクト(A4縦置きで1ページ程度、PDF形式で添付) ・発表できない日および時間帯 ・講演機材(黒板、プロジェクター、書画カメラ。当日の変更も可能です。) 2.懇親会参加申し込み(2017年2月28日まで) 第22回代数学若手研究会では2017年3月7日(火)夕刻に 岡山大学内で懇親会を行う予定です。 懇親会への参加を希望される方は ウェブサイト(https://sites.google.com/site/wakate2017/ )内の 懇親会参加登録ページより登録を行って下さい。 懇親会参加登録の締め切りは2017年2月28日です。 お申し込み頂いた方には 通常3日以内に受付完了の旨をメールにてお知らせ致します。 ご質問等がございましたら小野(onomaikoあっとs.okayama-u.ac.jp)まで お問い合わせください。 皆様のお申し込みをお待ちしております。 第22回代数学若手研究会 世話役 小野舞子(岡山大学) 中村力(岡山大学) 松野高久(岡山大学) 鈴木武史(岡山大学) 第22回代数学若手研究会ウェブサイト https://sites.google.com/site/wakate2017/ -- 木村 嘉之 Yoshiyuki Kimura Kobe University, Department of Mathematics Research map : http://researchmap.jp/ysykmr/
Subject: [MugenML 549] 九州可積分系セミナー 1/18 16:30 Date: Fri, 13 Jan 2017 14:40:37 +0900 皆様: アナウンスが直前となり恐縮ですが,以下のセミナーを開催致します. %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 九州可積分系セミナー 日時 : 2017 年1 月18 日 (水) 16:30 - 17:30 場所 : 九州大学伊都キャンパス ウェスト1号館7F C716 中セミナー室 講演者: Dinh Tran (University of New South Wales, Australia) タイトル: Growth of degrees of lattice equations and its signitures over finite fields 概要: We study growth of degrees of autonomous and non-autonomous lattice equations, some of which are known to be integrable. We present a conjecture that helps us to prove polynomial growth of a certain class of equations including $Q_V$ and its non-autonomous generalization. In addition, we also study growth of degrees of several non-integrable equations. Exponential growth of degrees of these equations is also proved subject to a conjecture. Our technique is to determine the ambient degree growth of the equations and a conjectured growth of their common factors at each vertex, allowing the true degree growth to be found. Moreover, our results can also be used for mappings obtained as periodic reductions of integrable lattice equations. We also study signitures of growth of degrees of lattice equations over finite fields. We propose some growth diagnostics over finite fields that can often distinguish between integrable equations and their non-integrable perturbations. 問い合わせ先: 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 梶原健司 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
Subject: [MugenML 548] Conference "Geometry, Analysis and Mathematical Physics" (announcement) Date: Fri, 13 Jan 2017 12:53:31 +0900 皆様: (English version is below) 2017年2月13日から17日まで京都大学数学教室にて開催予定の 研究集会「Geometry, Analysis and Mathematical Physics」について ご案内申し上げます. 本集会にはミラー対称性,安定性条件,壁越え,可積分系,数理物理等 に関する専門家をお招きし,これらの話題について議論を深める予定です. 講演予定者: Tom Bridgeland (University of Sheffield) Alba Grassi (ICTP) 金沢篤 (Kyoto University) 小池達也 (Kobe University) 桑垣樹 (University of Tokyo) Todor Milanov (Kavli IPMU) Nicolas Orantin (EPFL) 社本陽太 (RIMS, Kyoto University) Tom Sutherland (Mainz) 高崎金久 (Kinki University) 戸田幸伸 (Kavli IPMU) 山田泰彦 (Kobe University) 山川大亮 (Tokyo Institute of Technology) 詳しくは次のホームページ(随時更新中)をご覧ください. https://sites.google.com/site/geoanamathphys/ また本集会の後,引き続いて大阪大学にて導来圏と双有理幾何 をテーマとする集会「Derived category and birational geometry」 https://sites.google.com/site/feb2017osaka/home が開かれることを申し添えます. 世話人:入谷寛,岩木耕平,小西由紀子,高橋篤史 ——————————— Dear all, This is the announcement of the conference "Geometry, Analysis and Mathematical Physics" at Kyoto university from February 13 to 17, 2017. The aim of the conference is to bring together specialists working on mirror Symmetry, stability conditions, wall-crossings, integrable systems, mathematical physics etc. to discuss these topics and mutual interactions. Invited Speakers : Tom Bridgeland (University of Sheffield) Alba Grassi (ICTP) Atsushi Kanazawa (Kyoto University) Tatsuya Koike (Kobe University) Tatsuki Kuwagaki (University of Tokyo) Todor Milanov (Kavli IPMU) Nicolas Orantin (EPFL) Yota Shamoto (RIMS, Kyoto University) Tom Sutherland (Mainz) Kanehisa Takasaki (Kinki University) Yukinobu Toda (Kavli IPMU) Yasuhiko Yamada (Kobe University) Daisuke Yamakawa (Tokyo Institute of Technology) Please see the conference website https://sites.google.com/site/geoanamathphys/ for additional information. It will continue to be updated. A related conference will be held at Osaka university just after the conference : https://sites.google.com/site/feb2017osaka/home Organizing committee: Hiroshi Iritani Kohei Iwaki Yukiko Konishi Atsushi Takahashi
Subject: [MugenML 547] MS seminar at Kavli IPMU -- Qizheng Yin (ETH Zurich) -- Feb 7 Date: Fri, 13 Jan 2017 08:38:39 +0900 Dear all, I would like to announce the following Mathematics and String theory seminar Speaker: Qizheng Yin (ETH Zurich) Date: Tue, Feb 07, 2017, 13:15 - 14:45 Place: Kavli IPMU, Seminar Room A Title: Curves and cycles on K3 surfaces Abstract: We review curve counting theories on K3 surfaces, and explain the use of curve counting in the study of algebraic cycles on K3 surfaces & on the moduli of K3 surfaces. We give a proof of the Marian-Oprea-Pandharipande conjecture: the ring of tautological cycles on the moduli of K3 surfaces is generated by the classes of Noether-Lefschetz loci. Joint work with Rahul Pandharipande. ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
Subject: [MugenML 546] 理研AIP公募のご案内 Date: Fri, 13 Jan 2017 08:03:17 +0900 皆様 坂内健一さん(慶應義塾大学、理研AIP)からの依頼により、 理化学研究所・革新知能統合研究センター(理研AIP)「数理科学チーム」の 公募のご案内を転送致します。 東京大学大学院数理科学研究科 植田一石 -------------------------------------------------- 公募のご案内 理化学研究所・革新知能統合研究センター(理研AIP)の「数理科学チーム」は 数学・数理科学分野の研究員・特別研究員を計10名程度募集しています。 理研AIPは、人工知能技術を開発するために2016年4月に開設された、理学研究所の新しい 研究センターです。数理科学チームでは、将来的に人工知能の発展に寄与する可能性があ ることを期待して、幅広い数学分野の基礎研究を行います。情報系を含めた他分野の研究 者と交流することを通して、新しい研究分野を創出することを目指します。 応募するためには、理研HPの公式情報  http://www.riken.jp/careers/researchers/20161128_2/ をご覧になって、指示に従って応募してください。 数理科学チームとしては、現在、数学を研究している研究者を募集しています。応募者の 数学における研究分野は問いません。また、今後、数理科学チームの活動に積極的に貢献 する意思があれば、情報系の知識や研究経験は問いません。当初は2020年3月までの複数 年契約で、評価次第で延長可能です。待遇は理研の規定に沿った年俸制で、学位取得直後 の特別研究員は年500万円+手当程度の目安です。研究員は、大学の助教相当以上の待遇 となります。 数理科学チームの職務内容は、応募者自身の数学の研究を行うことと、数理科学チームの セミナーや他の活動に、企画・運営を含めて主体的に関わることです。勤務地は、理化学 研究所AIPセンター(東京都中央区日本橋1-4-1)及び慶應義塾大学理工学部(横浜市港北 区日吉3-14-1)です。チームの構成員は、理化学研究所の職員と同時に、慶應義塾大学理 工学部の訪問研究員にもなっていただく予定です。公募は人数が揃うまで継続して、揃い 次第打ち切りますが、2017年2月24日(金)までに書類をいただければ、確実に選考いた します。着任時期は、2017年4月1日以降、早めの時期を想定していますが、可能な範囲で 個別の事情に柔軟に対応いたします。※4月1日からの採用を希望する場合は、至急、応募 書類を提出してください。 「人工知能」や「機械学習」というキーワードを軸に、幅広い数学分野の元気な研究者が 活発に交流することを通して、新しい研究分野を創出できたらと思います。様々な数学分 野の皆様の応募を、お待ちしています。数理科学チームへの質問がありましたら、担当者 aip(あっと)math.keio.ac.jp まで、ご連絡ください。※応募書類は、こちらに送らないで ください。 よろしくお願いいたします。 理化学研究所・革新知能統合研究センター 数理科学チーム・チームリーダー 坂内健一
Subject: [MugenML 545] International Conference "Algebraic Analysis and Representation Theory" (1st announcement) Date: Thu, 12 Jan 2017 13:07:38 +0000 皆様 以下の国際研究集会を開催致します。 "Algebraic Analysis and Representation Theory" (第一報) --In honor of Professor Masaki Kashiwara's 70th Birthday -- 日時:2017年6月26日(月)~ 6月30日(金) 場所:京都大学数理解析研究所 また、ポスターセッションも開催の予定です。 日時:2017年6月28日(水)午後 (ポスターセッション発表者には旅費補助の可能性があります) 詳細につきましては Homepage: https://sites.google.com/site/kashiwara2017/ をご覧ください。まだ、プログラムなどは未定ですが、 随時情報を更新いたします。 Invited Speakers: Jonathan Brundan (Oregon Univ) Ivan Cherednik (Univ. North Carolina) Andrea D'Agnolo (Univ. Padova) Boris Feigin (HSE) Dennis Gaitsgory (Harvard Univ.) David Hernandez (Univ.Paris 7) Osamu Iyama (Nagoya Univ.) Mikhail Kapranov (IPMU) Masaki Kashiwara (RIMS) Bernard Leclerc (Univ.Caen) Toshio Oshima (Josai Univ.) Raphaël Rouquier (UCLA) Takeshi Saito (Univ. Tokyo) Pierre Schapira (Univ.Paris 6) Olivier Schiffmann* (Univ.Paris 11) Michela Varagnolo (Univ.Cergy-Pontoise) Eric Vasserot (Univ.Paris 7) ( * to be confirmed) Organizers: Tetsuji Miwa (Kyoto Univ.) Hiraku Nakajima (RIMS) Toshiki Nakashima (Sophia Univ.) Masato Okado (Osaka City Univ.) Yoshihisa Saito (Univ. Tokyo)
Subject: [MugenML 544] Kyoto Rep. Seminar (Jan/20) Date: Thu, 12 Jan 2017 19:30:03 +0900 皆さま 以下のセミナーをアナウンスさせていただきます。 よろしくお願いいたします。 加藤周、疋田辰之、中島啓 ——————————— 日時 2017年1月20日(金) 16:30–18:00 場所 京都大学数理解析研究所 402号室 講演者 Ivan Ho Ip (京大・理) タイトル Cluster realization of Uq(g) and factorization of universal R matrix アブストラクト For each simple Lie algebra g, I will talk about a new presentation of an embedding of Uq(g) into certain quantum torus algebra, described by a quiver diagram, using the previous construction of positive representations of split real quantum groups. We will discuss its relation to cluster structure of G-local system described recently by Le, and a factorization of the universal R matrix which corresponds to a sequence of quiver mutations giving the half-Dehn twist of the triangulation of a twice-punctured disk with two marked points. This generalizes the well-known result of Faddeev for type A1 and the recent work of Schrader-Shapiro for type An.
Subject: [MugenML 543] 談話会のお知らせ(1/25) Date: Wed, 11 Jan 2017 16:43:52 +0900 皆様 大阪市立大学において加藤周氏(京都大学大学院・理学研究科)による 談話会が下記のとおり行われます. なお,1月23日(月)-27日(金)には,同氏による集中講義 「レベル$0$アフィン旗多様体の幾何学と表現論」 も予定されています(初日15:00-16:30) 谷崎 ========================================================== 日時 :1月25日(水) 16:30–17:30 場所 :数学大講究室 (理学部棟 E408) 講演者:加藤 周 所属 :京都大学 ワイル指標公式を巡って アブストラクト: ワイル・カッツ指標公式は複素数体上の(有限次元単純リー代数を含むクラスの リー代数である)カッツ・ムッディー・リー代数の可積分表現の指標公式であり、 その典型的な証明として可積分性から来る指標の対称性を使うものと、BGG 分解 と呼ばれる複体による分解を使うものの2通りが知られている。 ここで後者の観点は、表現論的な量を計算するためにはまず表現の圏を広げ可積 分性のような群論的条件を落としたところで議論し、その後に元に戻るというの が基本的であることを示唆する。 この講演では、上記のことを少し説明した後に、後者の考え方をアフィン・リー 代数の共型ブロックの次元を与えるカッツ・ウォルトン公式に適用すると1990年 代の京都学派の仕事から自然に現れるコストカ関数の一般化にひとつの意味付け が得られることを紹介する。また、時間と状況が許せば大域ワイル加群と呼ばれ るある種の加群の実現に関するフェイギンによる予想の証明(ただし現在のところ ADE型のみ)についても述べる。 この講演はセルゲイ・ロクテフ氏との現在進行中の共同研究の内容に基づく。 ============================================================== OCAMI談話会 web page: http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/OCAMI/activities/colloquium/colloquium.html ◆ 16:00から理学部E棟4階エレベータ前リフレッシュ・スペース (大講究室 E408の前)にてティータイムを行います。
Subject: [MugenML 542] 研究集会(富山、平成29年2月12日(日)~15日(水))の懇親会について Date: Tue, 10 Jan 2017 14:58:31 +0900 皆様、富山大学の山根宏之です。 先日以下のメールをお送りしましたが、 懇親会を2月13日(月)の晩に富山市内で 行いたいと思います。場所は未定です。ちょうど魚が美味しい時期だと思います。 懇親会にご参加していただける方は私に お知らせいただけると幸いです。 よろしくお願い致します。 (以下省略) ------------------------- 山根宏之 富山大学理学部数学教室 〒930-8555 富山市五福3190番地 Hiroyuki Yamane, Department of Mathematics, Faculty of Science, University of Toyama, Gofuku 3190, Toyama 930-8555, JAPAN
Subject: [MugenML 540] 研究集会(平成29年2月12日(日)~15日(水)) Date: Fri, 06 Jan 2017 11:16:20 +0900 皆様、 所属を訂正致します。 重複するメールで申し訳ありません。 下記の研究集会は開催します。 お忙しいところだとは思いますが ご参加していたけますようよろしくお願い致します。 そのうちに懇親会の案内もお知らせします。 研究集会のホームページ http://ntw.sci.u-toyama.ac.jp/ntha2017/ Meeting for Study of Number theory, Hopf algebras and related topics 平成29年2月12日(日)~平成29年2月15日(水) 富山大学理学部B121 プログラム 平成29年2月12日(日) 8:45 山根宏之(富山大学理学部) 10:30 澁川陽一(北海道大学理学部) 13:45 佐藤僚(東京大学数理科学研究科) 15:30 名古屋創(金沢大学理工研究域)   平成29年2月13日(月) 8:45 斎藤克典(名古屋大学多元数理科学研究科)、 10:30 清水健一(芝浦工業大学システム理工学部) 13:45 松本拓也(名古屋大学高等研究院・多元数理科学研究科) 15:30 古閑義之(福井大学工学部)   平成29年2月14日(火) 8:45 小木曽岳義(城西大学理学部) 10:30 横山俊一(九州大学数理学研究院) 13:45 和久井道久(関西大学システム理工学部) 15:30 大島和幸(愛知工業大学基礎教育センター) 平成29年2月15日(水) 8:45 笹木集夢(東海大学理学部) 10:30 木村巌(富山大学理学部) 世話人:木村、古閑、小木曽、山根 (以下省略)
Subject: [MugenML 539] 研究集会(平成29年2月12日(日)~15日(水)) Date: Fri, 06 Jan 2017 10:42:05 +0900 皆様、 下記の研究集会は開催します。お忙しいところだとは思いますが ご参加していたけますようよろしくお願い致します。 そのうちに懇親会の案内もお知らせします。 研究集会のホームページ http://ntw.sci.u-toyama.ac.jp/ntha2017/ Meeting for Study of Number theory, Hopf algebras and related topics 平成29年2月12日(日)~平成29年2月15日(水) 富山大学理学部B121 プログラム 平成29年2月12日(日) 8:45 山根宏之(富山大学理学部) 10:30 澁川陽一(北海道大学理学部) 13:45 佐藤僚(東京大学数理科学研究科) 15:30 名古屋創(金沢大学理工研究域) 平成29年2月13日(月) 8:45 斎藤克典(名古屋大学多元数理科学研究科)、 10:30 清水健一(芝浦工業大学システム理工学部) 13:45 松本拓也(名古屋大学高等研究院・多元数理科学研究科) 15:30 古閑義之(福井大学工学部)   平成29年2月14日(火) 8:45 小木曽岳義(城西大学理学部) 10:30 横山俊一(九州大学数理学研究院) 13:45 和久井道久(関西大学システム理工学部) 15:30 大島和幸(愛知工業大学工学部) 平成29年2月15日(水) 8:45 笹木集夢(東海大学理学部) 10:30 木村巌(富山大学理学部) 世話人:木村、古閑、小木曽、山根 アブストラクト 平成29年2月12日(日) 山根宏之 タイトル: 一般化された量子群と非可換代数のマティマティカによる計算法 アブストラクト: 山根は1990年代に有限次元単純スーパーリー代数、アフィンスーパーリー代数 ${¥mathfrak{g}}$およびそれに付随する量子群 $U_q{¥mathfrak{g}}$の定義関係式を 研究した。$U_q{¥mathfrak{g}}$の定義関係式が十分であるだけでなく必要である事 およびLusztig同型写像と両立していることがマティマティカを用いる事によって 示される事をのべる。 澁川陽一 タイトル: ダイナミカル・ヤン・バクスター写像とカンドル アブストラクト: カンドルは,結び目の研究に現れる代数的対象である.これは,少し姿を変えて 微分幾何学における対称空間にも現れる.本講演では,量子ダイナミカル・ヤン・ バクスター方程式に類似の方程式の解であるダイナミカル・ヤン・バクスター 写像を,カンドルを用いて構成する方法について紹介する.時間が許せば, このダイナミカル・ヤン・バクスター写像から定まる代数についても説明したい. 佐藤僚  タイトル: $N=2$超共形代数の認容表現について アブストラクト: $N=2$超共形代数はVirasoro代数の一般化として得られる無限次元Lie超代数である. 頂点超代数の理論を用いることにより,Feigin-Semikhatov-Tipuninは$N=2$超共形 代数とアフィンLie代数$¥widehat{¥mathfrak{sl}}_{2}$のある種の表現圏の間に 対応関係があることを示した.本講演では,彼らの議論を精密化することで, 適切なウェイト表現圏の間の圏同値が構成されることを述べる.さらに,アフィン Lie代数のKac-Wakimoto認容表現との関係など,その圏同値から導かれるいくつかの 応用について触れる. 名古屋創 タイトル: 共形場理論とパンルヴェ方程式 アブストラクト: 第六パンルヴェ方程式のタウ関数が c=1 の Virasoro 共形ブロックの Fourier 変換 で書けるという予想が 2012 年に提出され 2014 年には2つの証明が提出された. 講演では, 第四, 五パンルヴェ方程式のタウ関数の不確定特異点における形式的 級数展開が c=1 の Virasoro 不確定共形ブロックの Fourier 変換で書けるという 結果について解説する. 平成29年2月13日(月) 斎藤克典  タイトル: ハミルトン系の可積分性と微分ガロア理論 アブストラクト: 1990年代半ばから2000年代半ばにかけて Morales-Ruiz, Ramis, Sim¥'{o}らにより, ハミルトン系の可積分性の判定に線型微分方程式のガロア理論(Picard-Vessiot理論) を用いる理論が与えられた. そこで主要な役割を果たすのが, 「ハミルトン系が Liouvilleの意味で完全可積分ならばその系の特定の解に沿った(線形化された) 変分方程式の微分ガロア群(Picard-Vessiot群)の連結成分は可換になる」という 結果である.講演では, この結果を梅村の一般微分ガロア理論の枠組みの中で見た 場合についての説明をする. 清水健一  タイトル: 圏論的フェアリンデ公式と関連する最近の話題 アブストラクト: モジュラーテンソル圏とは、ある種の有限性と非退化性を持った半単純なリボン圏 であり、数学や数理物理学の様々な分野と関連して盛んに研究されている。 1990年代にLyubashenkoはこの概念の『非半単純』な一般化を提案している。 Lyubashenko自身によって、そのような圏からは三次元多様体の不変量や モジュラー群の表現などが得られることが示されており、この概念はモジュラー テンソル圏の概念の非常に興味深い一般化であると言えよう。講演では、 このような圏におけるテンソル積の分解則を記述する『圏論的フェアリンデ公式』 を中心に、非半単純モジュラーテンソル圏に関する最近の話題を紹介したい。 松本拓也 タイトル: Supersymmetric realization of the extended W-algebra of type A_1 at positive rational level アブストラクト:  Belavin, Polyakov, Zamolodchikovによるミニマル模型は、ボソンフォック空間に 作用するスクリーニング作用素が定めるコホモロジーとして定義できることを、 Felderは指摘した。この自然な拡張として、スクリーニング作用素の核全体を 考えたのが、拡大W代数である。今回講演では、このスクリーニング作用素を 「超対称生成子」と解釈し、その作用に関する軌道全体のなす加群の構造を 議論したい。この加群には、自然にスーパーの次数付けが入るが、先ほどの 拡大W代数とその双対空間は、そのeven部分空間になることが期待される。 本講演は、橋本義武氏(東京都市大学)、土屋昭博氏(Kavli IPMU)との共同研究に 基づく。 古閑義之  タイトル: アフィン超リー代数 sl(2,1)^ のある一般化されたVerma 加群の構造 アブストラクト: Semikhatov と Taormina は 2001 年の論文で, アフィン超リー代数 sl(2,1)^ のある一般化されたVerma 加群の構造を調べ, それを用いて admissible 表現の BGG レゾリューションを与えた. この講演では, 彼らの結果及びその証明に必要な Shapovalov 行列式公式, 特異ベクトル公式について説明する. またこの一般化された Verma 加群の構造とワイル亜群の関係について述べる. 平成29年2月14日(火) 小木曽岳義 タイトル: Local functional eqautions associated to the polarization of homaloidal polynomials アブストラクト: Homaloidal多項式の極化の局所ゼータ関数が(PV の相対不変式でなくとも) 一般に局所関数等式を持つことについて、述べる。さらに、homaloidal 多項式に 極化を繰り返すことで、局所関数等式の無限系列が出来るが、最初が概均質型の 場合はずっと概均質型であることを示す。逆に、最初が非概均質型のときに、 ずっと非概均質型のままかどうかは一般には未解決である。ここでは、 非概均質的局所関数等式を満たすClifford quartic formから出発して極化を 繰り返した場合には、その先もずっと非概均質型であり、非概均質的局所関数等式 の無限系列が出来ることを示す。時間が許せば、subHankel行列式のb-関数と homaloidal多項式の極化のb-関数の類似についてもお話ししたい。 横山俊一 タイトル: Computing tables of elliptic curves over number fields アブストラクト: We survey explicit methods in number theory to compute elliptic curves with prescribed reduction over number fields. Especially, in this talk, we explain two ways to achieve them: (i) using algebraic number theory and Diophantine equation, and (ii) using algebraic (and arithmetic) geometry. This is partly joint with Masaya Yasuda (IMI, Kyushu University). 和久井道久 タイトル: 組み紐構造に基づくホップ代数不変量の球面構造、リボン構造を用いた変種と それらの比較 アブストラクト: 2010年に講演者により定義された組み紐構造に基づく有限次元半単純ホップ代数に 対する多項式不変量の、ピボタル構造、球面構造、リボン構造を用いた変種を 考察する。特に、鈴木智支氏により発見された2次の行列余代数によって生成される 余半単純ホップ代数に対して、それらの値を比較した結果を報告する。 大島和幸 タイトル: Another description of Lie superalgebras osp(M|N) アブストラクト: We give an another description of Lie superalgebras osp(M|N) introduced by Hiroyuki Yamane, which is used in the study of Iwahori-Hecke algebras associated with Lie superalgebras (RIMS Kokyuroku Bessatsu B11(2009)). 平成29年2月15日(水) 笹木集夢  タイトル: Admissible representations, multiplicity-free representations and visible actions on non-tube type Hermitian symmetric spaces アブストラクト: リー群の表現の重複度に関する研究は,個々の表現に依存した形では散財的に 知られていたが最近になって小林俊行氏と大島利雄氏による「有限重複度定理」や 小林氏による「無重複性の伝播定理」によって重複度の性質を統一的に説明する という理論が大きく進展した.これらの理論には,群作用による軌道分解や幾何が 重要な役割を果たす.逆に,無重複表現や重複度有限な表現が与えられたとき 対応する群作用や幾何においてよい性質が抽出されると期待される.本講演では, 非管状型エルミート対称空間上のベクトル束の切断に実現される表現に対して, 重複度や底空間における群作用と幾何の視点から考察し種々の性質の相互関係を 概説する予定である. 木村巌  タイトル: いくつかのモジュラー形式の零点について アブストラクト: level 1の正則Eisenstein級数の零点のうち,SL_2(Z)の標準的な基本領域の境界 上にあるものを特定したF.K.C.Rankin and H.P.F.Swinnerton=Dyerの研究に端を 発する,モジュラー形式の零点について,特にFricke群の場合を中心に概説する. よろしくお願い致します。 山根宏之 富山大学理学部数学教室 〒930-8555 富山市五福3190番地 Hiroyuki Yamane, Department of Mathematics, Faculty of Science, University of Toyama, Gofuku 3190, Toyama 930-8555, JAPAN
Subject: [MugenML 538] MS seminar at Kavli IPMU -- Masahiko Yoshinaga (Hokkaido U) -- Feb 16, 2017 Date: Fri, 6 Jan 2017 09:14:02 +0900 Dear all, I would like to announce the following Mathematics and String theory seminar at Kavli IPMU. Speaker: Masahiko Yoshinaga (Hokkaido U) Date: Thu, Feb 16, 2017, 13:30 - 15:30 Place: Seminar Room B Title: Characteristic polynomials of Linial arrangements Abstract: Linial arrangements are certain finite truncations of the affine Weyl arrangements. In 2000, Postnikov and Stanley conjectured that all roots of the characteristic polynomial of each Linial arrangement have the same real part. I will report several recently found connection between Linial arrangements and other combinatorial things, e.g., Ehrhart theory (lattice point counting) and Eulerian polynomials. If time permits, I will also discuss Postnikov-Stanley's conjecture. ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
Subject: [MugenML 537] Kyoto Rep. Seminar (Jan/13) Date: Thu, 5 Jan 2017 22:18:37 +0900 皆様 以下のセミナーのアナウンスをさせて頂きます。 よろしくお願いいたします。 加藤周、疋田辰之、中島啓 ---------------------------------- Date : January 13 (Fri) 2017, 16:30--18:00 Place : RIMS 402 Speaker:Kohei Yahiro (U. Tokyo) Title: D-modules on partial flag varieties and intertwining functors Abstract: Beilinson and Bernstein provided a relationship between the category of D-modules on the full flag variety and a category of representations of semisimple Lie algebras. They introduced intertwining functors for D-modules on the full flag variety and gave a proof of Casselman submodule theorem using them. In this talk, we discuss the case of partial flag varieties. We show that in some cases intertwining functors are equivalences of derived categories. We also discuss the behavior of global sections under the intertwining operators.
Subject: [MugenML 536] Fwd: seminar information Date: Thu, 5 Jan 2017 13:49:30 +0900 各位 東大総合文化研究科の国場さんより,以下のセミナー情報をいただきましたので, 転送いたします。 %%%%%%%%%%%%%% Seminar information %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% Date: January 10 (Tue) 2017, 16:00-17:00 Place: Komcee-West Lecture Hall, University of Tokyo, Komaba I Campus http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_55_j.html Speaker: Vladimir Bazhanov (Australian National University). Title: Spectral problems of Integrable Quantum Field Theory. Abstract: We review various techniques for calculating the energy spectrum in Quantum Field Theory (QFT) with an example of the Bukhvostov-Lipatov model. The latter is an integrable 2D QFT, arising in the problem of instanton counting in the O(3) non-linear sigma model. We show how to derive different (but equivalent) sets of the Bethe ansatz equations and relate them to functional equations for monodromy matrices for certain ordinary differential operators, whose coefficients are parametrised by solutions of integrable partial differential equations. This connection allows one to apply the *Classical* Inverse Problem Method for spectral problems in QFT. Finally, we discuss various ways to regularize the Bethe ansatz equations in the QFT case and calculate observable renormalized energy eigenvalues. The results are then compared against traditional perturbative techniques.